1. 犬の乳腺腫瘍

癌(腫瘍)は犬の最も罹りやすい疾患であり、ある調査によると犬の病気の52%が癌にかかってしまうようです。
その中でも避妊手術をしていない雌犬で圧倒的に多いのが、今日のお話の”犬の乳腺腫瘍”です。

犬の乳腺腫瘍の原因

乳腺腫瘍は、乳腺の細胞が女性ホルモンの影響を受けて増殖するうちに遺伝
子変異などを生じて腫瘍化すると発生します。したがって、幼いうちに避妊手
術をすることで、乳腺腫瘍の発生が少なくなります。避妊手術をしていない雌
犬では約 4 頭に 1 頭の割合で乳腺腫瘍が発生しますが、初回発情前に避妊する
と、発生率は 0.5%(200 頭に 1 頭)と非常に低くなります。動物では数少な
い予防可能な腫瘍と言えます。ただし、発生した乳腺腫瘍に対して、避妊手術
をしても腫瘍が小さくなることはありませんので、その場合には腫瘍の切除手
術が必要になります。

Q.乳腺腫瘍とは、人の「乳癌」のことですか?

A
「乳癌」というと、悪性の腫瘍を指しますが、犬の乳腺腫瘍では良性の腫瘍
の方が多く、早期の切除で根治することがほとんどです。確率的には、良性腫
瘍が約 50%、悪性腫瘍だけれども転移しにくく手術で根治可能なものが約
25%、悪性腫瘍でかつ転移・再発の危険性の高いものが約 25%の割合で存在
します。言い換えれば、約 75%が手術で根治可能、約 25%が手術だけでは根
治が難しいということになります。

犬の乳腺腫瘍の症状

初期の乳腺腫瘍の診断と治療

初期では全身の症状が、ほとんどなく元気や食欲も変わりありません。お散布も普通に行きますので気が付きません。

ここが癌の恐ろしい所で、雌犬の6歳以上の飼主さんは、毎日もしくは最低でも週に一回は犬の乳腺を触って上げてください。
もしもそこに出来物やしこりがある時には、すぐに動物病院に行き獣医さにん診察してもらいましょう。

どうしてもお腹を触らせてくれない犬は生理の後子宮の検査と一緒に検査してもらいましょう。
動物病院には最低でも3ヶ月に一回は行ってください。理想的には飼主さんがお腹を触って上げてください。

問題はここからで出来物がしこりが有る時には直ちに手術をしてその出来物を病理検査に出してください。
手術の前にはX線や血液検査、尿検査などでその犬が手術に耐えられるかを当然検査します。

ごく初期の豆粒大の乳腺腫瘍であれば飼主さんの負担は減りますし、しかも一番は犬に対して負担が少なくてすみます。
極初期の乳腺腫瘍の多くは転移も発見されることもなく抗癌療法もしなくて済ます。(極稀ですが悪性の診断がでる症例もあります。これは後で書きます。)

病院によりますが乳腺腫瘍の切除とともに避妊手術を同時にすることもあります。また乳腺腫瘍の切除も部分的に切除する
か全部の乳腺を摘出する場合もありますがどれがいいのかはまだ結論は出ていません。いずれにしろ早期発見早期治療です。

ビー玉位の大きさであれば初期の癌と同じように対応させるでしょう。勿論転移がなく犬がオペに耐えられるかの検査は
必要ですし良性か悪性化の病理検査は必須です。それ以上の大きさの犬の乳腺腫瘍はより精密な検査と手術が必要になりますが
手術が可能な時には手術を選択してください。

1cm未満の腫瘍では、100%長期生存しているのに対し、1~3cmでは根治率は 8 割弱、3cm以上では
根治率は 6 割弱と、サイズが大きいほど予後が悪くなるのがわかります。また、すでに転移している場合には、根治は困難です。

進行した乳腺腫瘍、悪性の腫瘍(悪性癌)の場合

炎症性乳癌といって、悪性度がきわめて高く、腫瘍組織内から周辺
正常組織に向かって、微小なリンパ管の中に腫瘍細胞がびっしりと入り込んで
いる腫瘍では、手術をするべきではない場合があります。術後傷が治りにくか
ったり、すぐに再発して手術するメリットがなかったりするためです。ただし、
炎症性乳癌は患部の痛みを伴うため、絶対に手術をしてはいけない、というわ
けではなく、小さい病変であれば手術で切除できればそれに越したことはあり
ません。ただし、通常の乳腺腫瘍よりも広範囲に切除して、術後の放射線治療
や抗がん剤治療まで計画しなければ、術後早期に再発することが予想されます。
また、局所の腫瘍による疼痛はコントロールできても、遠隔転移までは阻止す
ることはできないため、残念ながら根治できる可能性はかなり低く、治療のゴ
ールはあくまでも疼痛の解消が中心です。

進行し転移している手術不可能な乳癌は現在のところ例えば大学病院でも有効な治療法は
見つかっていません。多くの犬がこの疾患で亡くなっていることも事実です。

犬の乳腺腫瘍の予後

乳腺腫瘍の大きさやその悪性度ににより大きく異なります。ビー玉位の大きさの多くは良性ですが、中には悪性の時もありますので
病理検査に出してその後の経過を獣医師とよくご相談ください。

犬の乳腺腫瘍の予防

あえて言います。繁殖を希望しない犬は最初の発情の前に避妊手術をお勧めします。これにより卵巣や子宮の病気の危険がなくなる上に
乳腺腫瘍の発生率をものすごく下げます。発生率は 0.5%(200 頭に 1 頭)と非常に低くなります。

犬の乳腺手術の料金

ここまで読んでいただいた方にはもうおわかりだと思いますが、豆粒大の一個だけの乳腺腫瘍の手術料は安いのが相場です。おそらく5万円もしないのではないでしょうか。
各種検査料金のほうがかかると思いますし、入院期間も短期間ですみます。大きくなればなるほどそれに比例して手術料金は手術の困難になるので上がります。

避妊手術のように決まりきった手術ではないので各々の手術により千差万別ですので料金もかなりの差がでますのでトラブルのもとになりやすいです。
多くが無麻酔科での検診ですのでおとなしい犬は別として多くの犬が暴れてしまいものすごく小さな腫瘍を見逃すことがあるのも事実です。

今回は北海道大学付属動物病院の記事をを参考にさせてもらいました。深く感謝です。