長崎市ひろせ動物病院の院長廣瀬です。子宮蓄膿症のお話です。
犬の子宮蓄膿症

犬の子宮蓄膿症は5歳位から避妊手術を受けていない犬の生理後の主に発症する疾患です。子宮内に膿がたまり腹膜炎や腎炎や全身の血液に毒素が

まわり敗血症などを引き起こし最終的には死亡する、恐ろしい疾患です。
inu

犬の子宮蓄膿症の症状

主に生理後2ヶ月以内に食欲がなくなり元気もありません。嘔吐も起こします。また多飲多尿、脱水などの症状を示し、一部の犬は膣から膿が排泄されます。治療が遅れると死亡します。

犬の子宮蓄膿症診断

  • 問診及び身体検査 多くはここでわかります。中年のメスの犬が生理後に元気が無い時には、獣医師はまずこの子宮蓄膿症を疑います。
  • 血液検査  白血球数の増加や左方移動また他の臓器がやられている時にはその異常。
  • 画像診断 X線やエコーなどで腫れている子宮が観察されます。

犬の子宮蓄膿症の治療

外科手術により腫れている子宮と卵巣を摘出します。術前、術中、術後に静脈を確保し十分な量の静脈点滴と抗生物質を投与します。初期の段階で発見された犬はこれで助かることが多いのですが、
敗血症などの合併症がある犬は非常に危険度が高い手術であることをご理解ください。通常、食欲が出るまで入院です。

感想

犬の子宮蓄膿症のワンちゃんが簡単に手術で完治できるとは限りません。中には亡くなるワンちゃんも沢山います。繁殖を望まないのであれば若い時に避妊手術をお受けになるか

早い時期に発見できるように、飼主さんが気をつけて観察して下さい。どんな病気も早期に発見に早期に治療するのが理想です。

この犬の子宮蓄膿症で亡くなるワンちゃんが日本からいなくなることを願ってやみません。