長崎市ひろせ動物病院の院長廣瀬です。今日は犬の歯周病のお話です。多くのワンちゃんが歯周病ですので皆さん関心がありますよね。

犬の歯周病

犬の歯石

歯周病の状態

主な原因は歯の表面に付着した歯垢です。歯垢は食べ物のかすと細菌のかたまりで、炎症を引き起こしそのまま様子を見ていると

唾液中のカルシウムが沈着して硬い歯石となります。歯垢の段階であれま、歯磨きによって取り除けますが、上記の写真のような歯石になると歯磨きでは落とせなく、獣医師による処置が必要です。

人の同じように毎日の歯ブラシによる歯磨きがとても大切です。しかし小型犬は歯ブラシをしているにも関われず歯石はついてしまします。歯石のついた状態を放っておくと歯から顎の骨に細菌が侵入し

歯周骨、顎骨の破壊や吸収がおき小型犬では上顎に瘻管を形成にあながありたり、重度の障害では上顎や下顎の破壊、吸収が起こり少しの外傷でも骨折をしてしまう状態になります。

また口臭がひどく歯が痛いので食欲も出ません。人の場合はそのまま放っておくと歯が抜け落ちますが。

犬や猫はぐらつきますが自然に抜けることはなく益々進行していまいます。

治療と予防

獣医師による麻酔下の歯石のスケーリングやぐらついた歯の抜歯が必要です。また定期的な診察や処置が必要です。子犬の時から歯ブラシになれる習慣が大切です。

歯周病の合併症

歯周病の原因となる細菌が全身性に回り、菌血症を引き起こしたり、炎症性物質が歯肉の隙間から全身の循環に入り体全体に影響を及ぼすことがわかっています。

糖尿病、心臓病、細菌性肺炎、腎臓や肝臓への影響も報告されています。また人では歯を失うことで噛むとが

出来なくなり痴呆の症状がでることも示唆されています。

ワンちゃんの歯周病が如何に危険ががご理解いただけたでしょうか。飼主さんが犬の歯の健康に少しても関心をもたて、

子犬の時から歯ブラシによる歯垢除去を心がけ獣医師の定期的な診察を受けることで全部の歯が健康でピカピカのワンちゃんがいたら良いなーと思うのは私だけではないと思います。

以上 犬の歯周病でした
dog-1-1363113-640x640