犬の皮膚真菌症

inu

皮膚真菌症の原因

犬の皮膚真菌症を引き起こす糸状菌のうち最も多いのが犬小砲子菌です。また石膏状小胞子菌、毛瘡白癬菌も感染することもあります。
これらの糸状菌は環境中の常在菌であり、犬への感染は接触によって起こります。石膏状小胞子菌は土壌菌のため土を掘り起こす習性の犬の四肢や鼻に感染しやすい。

特徴

子犬や発生が最も罹りやすい疾患です。また毛の生え変わる時期にも起きやすい。抵抗力が落ちてきている犬にも感染が起こります。

症状

皮膚糸状菌の感染が起こるとその病変は全身に認めますが、特に四肢や顔面に多く発症します。円形の脱毛には始まり、周囲に拡大します。しかしながら痒みは軽度です。
表皮の状態は、角化亢進して鱗屑化しています。

予防

糸状菌は人にも感染しますので注意が必要です。人に感染した場合は皮膚科に行ってください。皮膚糸状菌は皮膚の角質層や被毛で増殖するので、落屑や痂皮、被毛などを
まき散らさないように生活環境を清潔にするように心がけてください。

診断

臨床症状や病変部などで鑑別診断していきます。犬の糸状菌症が疑われる時には病巣の周辺部から被毛を採取して顕微鏡下で検査します。
真菌

顕微鏡下で菌体が発見できない時には真菌培養をおこないます。糸状菌は独特なコロニーを作るので判別は容易です。結果が出るまで時間がかかるのが
難点です。
犬の真菌
左が陰性です。右が陽性です。特徴的に赤く染まります。

治療

抗真菌薬の全身と局所の投与。抗真菌薬のシャンプーを使います。病変部の毛刈りをするとなおいいでしょう。
一度かかるとなかなか完治するのが難しいので根気よく治療しましょう。