犬の肥満細胞腫について
犬

定義

肥満細胞由来の腫瘍で犬では皮膚及び皮下細胞が最もかかりやすい。

発生頻度

肥満細胞腫は犬の皮膚及び皮下腫瘍は役20~25%です。

好発犬種

ボクサー、ボストンテリアです。

発症年齢

平均9歳で雄雌のさわない。

病歴

初診時は皮膚または皮下に腫瘍が数日から数か月の間で存在し大きさが大きくなることもある。数か月の変化が見られない状態から、急に大きくなったとの病歴がある。悪性度の高い皮下もしくは皮膚腫瘍では紅斑と浮腫をが見られる。

症状

犬の症状は非常に変化が大きい。悪性度にかかわらず、他の皮膚または皮下腫瘍と似ており、虫に刺された跡やアレルギー反応に似ていることもある。主に一個だけの病変ですが多発性の時もあり得ます。病変の焼く50%胴体であり40%が四肢に10%が頭頸部に発生します。局所のリンパ節の腫大は悪性度の高い腫瘍がリンパ節の転移した時に見られます。肝臓または脾臓の腫大が見られる時もあります。

鑑別診断

  • 脂肪腫などの皮膚及び皮下腫瘍
  • 虫刺されやアレルギー反応
  • その他肝臓腫や脾腫
  • 胃潰瘍

診断法

細胞診はもっとも重要な仮診断法です。
病理所見犬の肥満細胞腫の悪性度はⅠからⅢのに区分されⅢが最も活動的な腫瘍です。

治療

手術による切除。周りのリンパ節を含む大きな切開。

投薬
ステロイド
抗癌剤
H2ブロッカーなど

予後

長期的な予後はその病態によりいろいろですが、悪性度Ⅲのタイプが最も悪く1年以内に死亡します。しかし積極的な外科樹出とステロイでによりQOLの向上と生存率の上昇も見られます。