犬の膀胱炎について

犬

犬の膀胱炎の原因と原因菌の種類

犬の膀胱炎は比較的多い疾患です。その原因は様々です。そのなかでも犬では細菌性の膀胱炎が多くつぎに結石、腫瘍、外傷などでひきおこされます。

細菌性膀胱炎の主な原因菌は糞便に由来する細菌が多く大腸菌、ブドウ球菌、レンサ球菌、プロテウスなどです。主に外界から尿道をとうして上行性に引き起こします。
雄では前立腺が細菌感染の防御機能をはたしているので、雌よりはかかりにくいのですが、慢性的な前立腺の感性症が起こると膀胱炎を併発します。

犬の膀胱炎の症状

痛みを伴う頻尿と排尿困難で一回の排泄量は少ない。散歩の時に少量ずつ排泄する犬は膀胱炎の症状を見逃がす可能性もあります。
尿の色が白濁したり血尿であったり異臭を放つこともあります。
急性の膀胱炎では発熱や痛みのための元気消失、食欲不振が見られます。

診断

全身の身体検査や問診に加え尿検査、腹部X線、超音波検査などで診断します。

治療

単純な早期の膀胱炎では正しい食事の選択と抗生物質による治療に反応します。一部は再発し慢性膀胱炎によります。治療には根気が必要です。
食事はドライフードよりも缶詰やパウチの方をお勧めします。

ロイヤルカナンのPHコントロールヒルスのc/dがおすすめです。

次回は尿路結石です。