猫の特発性膀胱炎について

猫

猫の特発性膀胱炎とは、尿路の感染や結石が見られない原因不明の膀胱炎といいます。一度かかると再発を繰返し起こし猫の下部尿路疾患の約60%がこれにあたります。

猫膀胱炎

猫の特発性膀胱炎の要素

猫の特発性膀胱炎の主な要素の一つに上げらものに猫のストレスが考えられています。猫のストレスとはどんなことが考えれれるでしょうか。
例えば他の飼育動物のストレス、家族の留守や来客、気候の変化、運動不足、肥満、トイレの位置やトイレ砂の種類の変化、食事の変化、入院や手術のストレスなど様々な要因が影響していると言われています。

猫の特発性膀胱炎の症状

  • 頻尿
  • 血尿
  • 排尿痛
  • 陰部を舐める
  • トイレ以外での排泄

以上の症状を繰り返し再発し難治性の疾患です。

猫の特発性膀胱炎の治療法

水分の補給ストレスの緩和です。

鎮痛薬

炎症を止めるのと痛みを止める目的で使用します。

水分の補給

猫は自分からたくさんの水を飲みませんので水分のほとんどが食べているものからの補給です。トライフードを上げている猫に発症が多いことからドライフードを缶詰に変えてあげることで
病気の発症しづらくなります。ドライフードから缶詰フードへの変更は多くの猫ではうまくいきますが、中には食べなくなる猫もいますのでそのような猫は、徐々に食事を変更します。

ストレスの緩和

環境中のストレスを少なくすることが必要です。ストレス発散のために猫の隠れ場所を作ることや、キャットタワーやおもちゃを与えることも有効です。
またトイレの数を増やしたり、場所を変えたりしておしっこを我慢させないよう工夫しましょう。

特発性膀胱炎のまとめ

長毛種、肥満、ストレス、ドライドードなどが病気の引き金になり発症する猫の特発性膀胱炎は総合的に診断や治療を行わないと間違った方向での処置になりますので
注意が必要です。この疾患の管理には飼主さんの協力が必要ですので獣医師とよくご相談してください。