猫伝染性腹膜炎(FIP)は猫コロナウイルスが猫の体内で突然変異して猫伝染性腹膜炎を引き起こすことにより発症します。
突然変異の原因ははっきりとしていなくまた猫の体の中でコロナウイルスが突然変異しても発症する猫は10%未満と考えられています。
猫
つまり残りの90%は症状が出ないわけです。

猫伝染性腹膜炎(FIP)の症状

大きく分けて2つのタイプにわかれます。

ウェットタイプ
腹水や胸水が貯まるタイプです。病気の進行が早く衰弱や貧血やまた黄疸や胃腸炎を起こします。
ドライタイプ
胸水や腹水はたまらないタイプで全身の臓器に特に脳炎、肝炎、腎炎、眼炎などを引き起こしますが、このタイプのFIPは診断がしにくのが現状です。

病気の経過はドライタイプに方がゆっくりと進行します。

検査

血液内のコロナウイルスの抗体検査。FIVではなくコロナウイルスへの抗体検査なので特異性が低い。

治療

現在の猫伝染性腹膜炎に特異的に効くお薬はありません。対症療法が中心です。感染を予防するための抗生物質、またインターフェロンの投与やステロイドの投与などです。

予後

予後は良くありません。しかし発症してら直ぐに亡くなるとゆう猫だけでなくなかには2年あまり生きる子もいますので諦めることはありません。

予防

ワクチンには販売されていませんので予防は単独飼育の完全室内飼育に心がけることです。また他のウイルス(FIV,FeLVなど)の感染も防ぐことが重要です。
また多頭飼育の時には、猫にストレスを与えないようにそれそれの猫のテレトリーを確保してあげてください。特に群れの中で気の弱い猫に発症すると言われてますので
その子には気遣いをしてあげてください。