「2016年4月」の記事一覧

犬の腎蔵結石について

犬:猫の病気
inu

犬の腎結石定義 犬の腎結石は腎盂内または腎臓の集合管憩室に存在する結石である。腎結石は尿管結石を引き起こすこともある。そのうち非活動型腎結石は感染していないもの閉塞や症状を引き起こしていないもの進行性に大きくなっていない・・・

猫の乳腺腫瘍について

犬:猫の病気
猫

猫の乳腺腫瘍は避妊手術していない雌猫に見られその多くが(80~90%)が悪性です。またシャム猫がその他の猫より約2倍の頻度で発症します。 平均発症年齢は10歳~12歳で発症の範囲は9ヶ月から23歳との報告があります。 症・・・

犬の肥満細胞腫について

犬:猫の病気
犬

犬の肥満細胞腫について 定義 肥満細胞由来の腫瘍で犬では皮膚及び皮下細胞が最もかかりやすい。 発生頻度 肥満細胞腫は犬の皮膚及び皮下腫瘍は役20~25%です。 好発犬種 ボクサー、ボストンテリアです。 発症年齢 平均9歳・・・

犬と猫の変形性脊椎症について

犬:猫の病気
犬

変形性脊椎症について 変形性脊椎症の概要 脊椎の変形性で非炎症性の疾患であり、その特徴は椎体終板の骨の増殖体を起こす。犬では最もよく見られる部位は胸椎、腰椎であり、猫では無症状性の胸椎の変形が約68%で見られてとの報告が・・・

猫伝染性腹膜炎(FIP)について

犬:猫の病気
猫

猫伝染性腹膜炎(FIP)は猫コロナウイルスが猫の体内で突然変異して猫伝染性腹膜炎を引き起こすことにより発症します。 突然変異の原因ははっきりとしていなくまた猫の体の中でコロナウイルスが突然変異しても発症する猫は10%未満・・・

犬の尿路結石症について

病院紹介
尿

犬の尿路結石症 腎臓、尿管、膀胱、尿道などの尿が通る所に結石ができることを尿路結石症と呼びます。結石ができる場所によってそれぞれ腎臓結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石と呼び、単独で形成される時もあれば併発して起きることも・・・

犬の膀胱炎について

犬:猫の病気
犬

犬の膀胱炎について 犬の膀胱炎の原因と原因菌の種類 犬の膀胱炎は比較的多い疾患です。その原因は様々です。そのなかでも犬では細菌性の膀胱炎が多くつぎに結石、腫瘍、外傷などでひきおこされます。 細菌性膀胱炎の主な原因菌は糞便・・・

犬の皮膚真菌症

犬:猫の病気
inu

犬の皮膚真菌症 皮膚真菌症の原因 犬の皮膚真菌症を引き起こす糸状菌のうち最も多いのが犬小砲子菌です。また石膏状小胞子菌、毛瘡白癬菌も感染することもあります。 これらの糸状菌は環境中の常在菌であり、犬への感染は接触によって・・・

犬の膵炎について

犬:猫の病気
犬

膵炎の概要 膵炎は急性膵炎と慢性膵炎の2つの分類される。しかし急性膵炎から慢性膵炎に移行する例は少なく、異なった病態であると考えられます。 急性膵炎 急性膵炎の原因 膵臓から分泌されるタンパク分解酵素ののトリプシンの前駆・・・

ページの先頭へ