「犬:猫の病気」の記事一覧(2 / 5ページ目)

子犬や子猫の食事は

世間話 犬:猫の病気 病院紹介

● 子犬や子猫は生まれて約半年から1年の間に 数倍の大きさに成長します。 その短い期間で骨格や筋肉、内臓などの組織を しっかりと作るために、体は多くの栄養を必要とします。 その上、成長期には多くのことに興味を持って動き回・・・

歯周病予防しよう

犬:猫の病気 病院紹介

●歯周病の元凶は、歯の表面に付着した歯垢と歯石です。 歯石はひとたび沈着してしまうと除去することが困難で、 多くの場合、全身麻酔と獣医によるスケーリング(歯石はがし)を必要とします。 しかし歯石になる前のネバネバした歯垢・・・

今日は敬老の日

犬:猫の病気
犬

●今日は敬老の日ですね。 ご長寿のワンちゃん猫ちゃんおめでとうございます。 ワンちゃん猫ちゃんの平均寿命は近年どんどん伸び 長生きするようになってきました。 ときには20歳以上の猫ちゃんに遭遇することも・・。 さて、長生・・・

犬の腎蔵結石について

犬:猫の病気
inu

犬の腎結石定義 犬の腎結石は腎盂内または腎臓の集合管憩室に存在する結石である。腎結石は尿管結石を引き起こすこともある。そのうち非活動型腎結石は感染していないもの閉塞や症状を引き起こしていないもの進行性に大きくなっていない・・・

猫の乳腺腫瘍について

犬:猫の病気
猫

猫の乳腺腫瘍は避妊手術していない雌猫に見られその多くが(80~90%)が悪性です。またシャム猫がその他の猫より約2倍の頻度で発症します。 平均発症年齢は10歳~12歳で発症の範囲は9ヶ月から23歳との報告があります。 症・・・

犬の肥満細胞腫について

犬:猫の病気
犬

犬の肥満細胞腫について 定義 肥満細胞由来の腫瘍で犬では皮膚及び皮下細胞が最もかかりやすい。 発生頻度 肥満細胞腫は犬の皮膚及び皮下腫瘍は役20~25%です。 好発犬種 ボクサー、ボストンテリアです。 発症年齢 平均9歳・・・

犬と猫の変形性脊椎症について

犬:猫の病気
犬

変形性脊椎症について 変形性脊椎症の概要 脊椎の変形性で非炎症性の疾患であり、その特徴は椎体終板の骨の増殖体を起こす。犬では最もよく見られる部位は胸椎、腰椎であり、猫では無症状性の胸椎の変形が約68%で見られてとの報告が・・・

猫伝染性腹膜炎(FIP)について

犬:猫の病気
猫

猫伝染性腹膜炎(FIP)は猫コロナウイルスが猫の体内で突然変異して猫伝染性腹膜炎を引き起こすことにより発症します。 突然変異の原因ははっきりとしていなくまた猫の体の中でコロナウイルスが突然変異しても発症する猫は10%未満・・・

犬の膀胱炎について

犬:猫の病気
犬

犬の膀胱炎について 犬の膀胱炎の原因と原因菌の種類 犬の膀胱炎は比較的多い疾患です。その原因は様々です。そのなかでも犬では細菌性の膀胱炎が多くつぎに結石、腫瘍、外傷などでひきおこされます。 細菌性膀胱炎の主な原因菌は糞便・・・

ページの先頭へ