● 子犬や子猫は生まれて約半年から1年の間に
数倍の大きさに成長します。
その短い期間で骨格や筋肉、内臓などの組織を
しっかりと作るために、体は多くの栄養を必要とします。
その上、成長期には多くのことに興味を持って動き回り、
自然と運動量が増えるため、エネルギー源として摂取すべきカロリーは
体重に換算すると成犬や成猫の数倍にもなります。

体を大きくするためには毎日の食事の中に
より多くの栄養成分とカロリーが必要なため、
タンパク質や脂肪、炭水化物、ミネラル、ビタミンが
十分に含まれていることが大切です。
そして、子犬や子猫は消化機能が未熟で胃も小さいため、
栄養成分やカロリーが十分含まれているだけでなく、
胃や腸に負担の少ない消化の良いフードを食べさせなければいけません。

このようなことを考慮して様々なフードが作られており、
これらは通常「子犬用」「子猫用」「成長期用」「パピー」「キトン」などと
記載されています。
なお、一度にたくさんの量が食べられない子犬や子猫には、
これらのフードを1日3〜4回に分けて
少しずつ与えることが勧められています。

これから大きくなりますよ♪