犬の尿路結石症

inu

尿

腎臓、尿管、膀胱、尿道などの尿が通る所に結石ができることを尿路結石症と呼びます。結石ができる場所によってそれぞれ腎臓結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石と呼び、単独で形成される時もあれば併発して起きることもあります。

尿路結石の種類

ストルバイト結石(リン酸アンモニウムマグネシウム結石)、シュウ酸カルシウム結石、シスチン結石、尿酸アンモニウム結石、シリカ結石などがあります。
sd_cd_wd_ud_img02

sd_cd_wd_ud_img03

尿路結石の症状

排尿時の痛み
残尿感
血尿
頻尿
無尿ーー危険な状態ですのですぐに動元気がなくなります。
食欲不振や吐き気などの症状が出てくる。(急性腎不全の症状)

尿路結石の診断

身体検査ーーー閉鎖性の尿道結石でははれた膀胱や腹部の疼痛。直腸検査による前立腺の検査尿道の検査。
血液検査ーーー腎機能検査で腎層の機能が悪くないか調べる。
尿検査ーーー尿のPHや尿沈査により結晶の検査や細菌検査
画像検査ーーーX線やエコーなどで結石の存在の可視化。

尿路結石の治療

内科療法

    点滴や抗生物質の投与やカテーテル挿入にて尿の腎臓不全の管理
    飲水量を増やす
    専門食への交換

ヒルスのs/dやロイヤルカナンのPHコントロール缶

    サプリメントの投与

ゼンラーゼ‐U DOG やウロアクト

    体重管理

外科療法

    手術により結石の除去

この疾患は再発しやすいのですぐに手術をしてもまた再発してしまうことも有るのも事実です。内科療法でうまく反応しない時の最終手段として用いられます。

尿路結石の予防

多くの犬の尿石症は再発しますので普段から治療中と同じように

    飲水量を増やす
    専門食への交換

ヒルスのc/dやロイヤルカナンのPHコントロール缶

    サプリメントの投与

ゼンラーゼ‐U DOG やウロアクト

    体重管理

尿路結石のまとめ

どの疾患でもそうですが飼主さんが早期に異常を発見し治療すると多くは食事の変更だけですみますが、病気に末期になると命にかかわる疾患でありその費用を相当なものになるでしょう。
定期的な検診は必要で特にX線撮影は定期的に受けましょう。