フィラリア症は5月から12月まで毎月1回投薬で予防できます

犬フィラリア症とは?

犬フィラリアという虫が心臓などに寄生する病気です。

細長い線虫という虫で、成長すると30cmにもなります。

 

どうやって感染するの?

犬フィラリア症に感染した犬の血を吸った蚊が他の犬の血を吸うことにより感染します。

犬フィラリアが寄生している犬の血液には小さな犬フィラリアの幼虫がいます。

蚊は血を吸うときにこの幼虫を血と一緒に吸い込み、

その蚊が他の犬の血を吸うときに

体の中に犬フィラリアが入ってしまうのです。

犬フィラリア症になるとどうなるの?

犬フィラリアに寄生されると、

咳が出たり、元気がなくなったり、呼吸が苦しくなったり、

食欲がなくなったり、腹水が溜まったり、血尿が出たりします。

犬フィラリア症状

フィラリア症は5月から12月まで毎月1回投薬で予防できます

・予防薬はなぜ月に1回なの?

フィラリア予防薬は体内に入り込んだ犬フィラリアの幼虫を毎回翌月に駆除するおくすりです。

フィラリア幼虫が成長する前に駆除します。

・涼しくなってからの投薬をわすれないで!

暑いときは飼い主様も投薬を忘れませんが、重要なのは秋口涼しくなってからの投薬です。

投薬を忘れてしまうと・・

1ヶ月前に体内に入った幼虫が次の夏になるまでに成長して心臓などに住み着いてしまいます。

蚊がいなくなってから1ヶ月後まで確実に投薬しましょう。

・フィラリア予防薬にはいろいろなタイプがあります。

  • おやつチュアブルタイプ

  • 錠剤タイプ

  • 皮膚につけるタイプ

さらにこれらの予防薬は犬フィラリアとともに

  • ノミ・ダニ
  • 犬回虫・鉤虫・鞭虫(お腹に寄生する虫)

も同時に予防できます。

 

予防薬の各タイプにより同時に予防できる虫は違ってきます。

それぞれのワンちゃんに合ったタイプの予防薬があります。

お気軽にご相談ください。

ワンちゃんたち

 

・フィラリア検査

 

1歳以上で、初めてフィラリア予防薬を投薬するワンちゃんや

前の年にうっかり飲み忘れたワンちゃんは体内にフィラリアがいるかどうかの血液検査が必要です。

【ひろせ動物病院】フィラリア検査1720円(再診料別途)