超小型犬種のマルチーズ、小さくて真っ白で愛くるしいですね。

運動量は多くなく、

無理をすると病気やケガの発生率が高くなってしまいますから

お気をつけください。

今日はマルチーズのかかりやすい病気を挙げてみます。

―膝蓋骨脱臼―
後ろ足の膝を脱臼した場合、膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)という病名がつきます。

症状としては、後ろ足を引きずる、跳ねるように歩く、など。

発症の原因は先天的なものと、後天的なものの2つがあります。

先天的な原因は膝関節周辺の筋肉や骨、靭帯などにある形成異常です。

成長とともに進行することで発症します。

後天的な原因は、高所からのジャンプ、後ろ足だけで立つなど、

後ろ足への強い負担が重なると発症します。

膝蓋骨脱臼は放置しても自然治癒は見込めず、

不自然な歩行によって筋肉量の低下などにつながり、

肥満やストレス増加をもたらします。

肥満、ストレスは多くの病気の原因となるので、

変わった様子を見かけたら動物病院で受診してください。

―気管虚脱―
気管虚脱は、気管が狭くなり、息切れ・咳・過呼吸などを引き起こす病気です。

苦しそうな呼吸をしていたら注意して様子をみてください。

症状が続くようであれば、動物病院を受診した方がよいでしょう。

気管虚脱になると、

乾いた咳が出る、ゼーゼーと呼吸が苦しそうで早い、

などの異常が見受けられます。

悪化すると舌が紫に変色するチアノーゼが見られます。

ひどく興奮したりたくさん走り回ったりすると

発症しやすいと言われているので、

激しい運動はさせないようにしてください。



―流涙症(涙やけ)―
流涙症(りゅうるいしょう)は、涙が目の内眼角から溢れてきて、

目の下に涙やけを起こす病気です。

内眼角は、人間でいうとまぶたの端、鼻側の部位です。

通常涙は上まぶた裏の涙腺でつくられ、

目のわきを通る涙小管を経由し、内眼角の脇の涙嚢、

さらに鼻涙管を通って鼻から排出されます。

流涙症を発症しているワンちゃんは、

涙の排出過程のどこかに異常があります。

涙やけで目の周りの毛が茶色く変色します。

結膜炎などの場合もあります。

―外耳炎―
外耳炎は真菌や雑菌の感染、耳ダニ、皮膚炎などが原因で起こります。

毎日耳のお手入れをして清潔に保ちましょう。

―僧房弁閉鎖不全症―
左心室で血液の流れを制御している僧坊弁が適切に機能せず、

血液の逆流が起きる病気です。

小型犬に起きやすい病気とされています。

―皮膚炎―
マルチーズは皮膚のトラブルが多い犬種です。

日々のケアで清潔に保っておくことはもちろん、

刺激の強いシャンプーやアレルギー性の食べ物でも

発症することがあるので注意が必要です。

愛犬、愛猫とたくさん触れ合って

体調の異常をいち早く見つけてあげましょう。

お耳のお掃除お願いね♪



●お知らせ●

「ペットロスを語る会」

ワンちゃん猫ちゃんが虹の橋を渡った後、

残された家族はとても大きな喪失感に見舞われます。

その悲しみからなかなか抜け出せないとき、

もし同じような悲しみを抱いておられる方々と

語り合えたら少し心が軽くなるかもしれません。

ひろせ動物病院に集ってワンちゃん猫ちゃんの

思い出を語り合いませんか。

参加費用:お茶代250円

日時は飼い主様のご都合に合わせます。

どうぞお電話ください。

電話:095-856-8122

担当:廣瀬 雅子