ノミアレルギー性皮膚炎は、体についたノミの数がほんの1匹でもノミに対して過敏症のあるワンちゃん猫ちゃんに発症します。

ノミに対して過敏症のないワンちゃん猫ちゃんは

ノミが体に数匹ついていたとしても発症しません。

同じ環境下で複数のワンちゃん猫ちゃんが暮らしていて

ノミアレルギー性皮膚炎になる子とならない子がいるのはそのためです。

 

ワンちゃん猫ちゃんがノミアレルギー性皮膚炎になると

体のあちこちを痒がり頻繁にかくので

脱毛したり、傷になって化のうしたりします。

酷い時はかゆみ止めの治療が必要になります。

またそんな子ほど毎月のノミ予防は欠かせません。

 

ちなみに、身体につくノミは成虫だけです。

吸血するのはノミの成虫のみで、成虫以外の

卵、幼虫、さなぎの時期は吸血活動を行わず

ワンちゃん猫ちゃんの体以外のところで生活しています。

ですから、身体に1匹でもノミが認められた時には

その周囲環境には、はるかに多くの幼虫やさなぎが

存在しているということになります。

 

よく飼い主様から

「うちの子はあまり外にださないのになぜノミがいたのでしょう」との

ご質問を受けますが、ノミはお家の中で一生を送っているのです。

ノミ予防の重要性お分かりりいただけましたでしょうか。