猫ちゃんが耳やその周りをしきりに引っかくことがあれば

耳の中にミミヒゼンダニが寄生しているかもしれません。

ミミヒゼンダニは外耳道に寄生して皮膚やリンパ液を摂取します。

その際に皮膚表面をひっかくため強いかゆみを生じさせるのです。

 

今日来院した猫ちゃんは、飼い主さんの話によると

「首の周りの毛が抜けてしまい、傷が治りそうになると

また引っ掻いて化膿してしまう」ということでした。

 

耳の中を調べてみるとミミヒゼンダニが寄生していました。

ミミヒゼンダニの寄生が酷いと、

猫ちゃんは耳やその周辺の皮膚を激しくかくため

皮膚を傷つけ、脱毛や細菌の二次感染を起こしやすくなるのです。

ミミヒゼンダニはレボリューションという

ノミダニ予防薬を1か月に1回つけることで駆除、予防できます。

(ちなみにフロントラインというノミダニ予防薬はマダニとノミの

予防薬になります。ダニの種類が違いますのでお気を付けください)

なお、多頭飼いの場合、ミミヒゼンダニは猫ちゃん同士で感染しますから

必ず全員の予防をしましょう。

猫