猫ちゃんにも喘息があります。

喘息発作時にはゼイゼイ、ヒューヒューと苦しそうな呼吸をして

咳込みがひどくなります。

重症化した場合は、呼吸困難や口を開けたままの呼吸が見られ、

座った姿勢のまま横にならないこともあります。

また、体内の酸素が不足して舌や口が青紫色に変色することもあります。

 

治療は緊急時と慢性時とで違います。

喘息発作が酷い場合は酸素室で管理し、

気管支拡張薬やステロイド薬などを投与します。

慢性時はアレルギー物質を除去したり、薬の投与量を調節しながらようすをみます。

この病気は継続的な治療や繰り返しの治療が必要になりますので

悪化させないようあきらめず根気よく治療を続けることになります。

 

猫ちゃんの喘息予防としては、

ストレスの少ない生活環境を整える、ハウスダスト、たばこの煙芳香剤などの

アレルゲンや化学物質を除去することなどがあげられます。

猫ちゃんの住居の空気をこまめに入れ替えたり、

空気清浄機を使用するのも効果的です。