秋も深まりだんだん肌寒くなってきました。

これから冬にかけて多くなるのが猫ちゃんの尿道結石です。

 

尿道結石とは猫ちゃんの尿道に細かい砂のような結石が

つまっておしっこが出にくくなる病気です。

おしっこの中にマグネシウム、リン、カルシウム分などのミネラル成分が増えたり、

尿のpHバランスが崩れたりすることで結石ができやすくなります。

 

食事内容や個々の猫ちゃんの体質にもよりますが

冬になって飲水量が減るのも一つの原因と言われています。

猫ちゃんはもともと砂漠出身のためあまり水を飲まない動物ですが

寒くなってくるとますます飲まなくなります。

そのせいで体の水分量が減りオシッコが濃縮されて

結石ができやすくなるのです。

症状としては

・トイレに行く回数が増える

・何回もトイレに行くのにおしっこが少ししか出ない

・トイレでうずくまっている

・トイレに座って痛がって鳴く

・血尿が出る

・トイレ以外の場所で粗相をする

・落ち着きがなくなるなどの症状

など。おしっこに砂状の結晶や結石が出て、

猫砂やシートの表面がキラキラ光って見えることもあります。

2日以上おしっこが全くでなければ尿毒症になり

命にかかわることがありますから早めの受診をお勧めします。

 

これからの季節、猫ちゃんが水を飲むように工夫をすることも

必要になります。

=猫ちゃんにお水を飲ませる工夫=

  • 水道水でOK
  • 冷水より常温の水で
  • ミネラル分の多い湧き水やミネラルウォーターはやめよう
  • 複数の水飲み場を作る
  • 水は常に新鮮なものを
  • ウェットフードだと食事から水分も取れる