子猫のおなかが膨れていたら・・・

もしかしたら体内に回虫がいるかもしれません。

回虫は人や犬猫などたくさんの哺乳類の小腸に寄生する動物で

ミミズに似ています。

猫に寄生するのは猫回虫で大体5~15cmくらいの大きさです。

 

感染経路としては、

*母乳を介して母猫から子猫に感染

*回虫に感染した猫の被毛に回虫の卵がついていて、

猫同士のグルーミングの際にその虫卵を飲み込む

*回虫のいる野良猫を触った人がそのまま手を洗わずに

他の猫を触った際に虫卵が感染する

等いろいろな経路が考えられます。

 

猫回虫は宿主から栄養を奪いながら

1日10万個近い卵を産むようになります。

卵は猫の排泄物と共に外界に排出され、

再び他の宿主に取り込まれるのを待ちます。

 

回虫を予防する駆虫薬があります。

子猫のうちから定期的に駆虫薬を投与しましょう。

そして人は病歴のわからない猫を触った場合、

よく手を洗いましょう。

 

回虫がいたらこんな症状も▼▼

  • 食欲不振
  • 下痢(ひものような回虫が出ることがある)
  • 嘔吐(ひものような回虫を吐き出すことがある)
  • 腹痛
  • 腹部のふくらみ
  • 子猫の発育不良
  • 体重減少
  • 貧血
  • 毛づやの悪化

 

猫