膵臓は胃や十二指腸の近くにある小さな臓器で、

膵液という消化液をつくり、

十二指腸へ送り出すはたらきをしています。

膵液にはタンパク質分解酵素、炭水化物分解酵素、

脂肪分解酵素などの消化酵素が含まれており、

膵液が十二指腸へ送られると、

これらの酵素がさまざまな栄養を分解したり、

胃液で酸性になった食物を中和したりして、

腸での消化活動をスムーズにするはたらきをしています。

また、血液中の糖分の量を調節するホルモンを

つくる役割も担っています。

膵液はとても強力な消化液で、

膵臓自体を溶かしてしまうほどの力を持っています。

膵臓はタンパク質でできていますが、

膵液には強力なタンパク分解酵素が含まれています。

健康な膵臓では、膵液が十二指腸に分泌されてから、

膵液の消化能力がはたらくような仕組みになっています。

しかし、高脂肪の食事などにより膵臓に過度な負担がかかると、

この仕組みがうまくいかず、

膵臓の中で膵液の消化能力が解放されてしまいます。

それにより、膵臓が大きなダメージを受け、

急性膵炎をおこしてしまうのです。



ー膵炎になりやすい犬種ー

ミニチュアシュナウザー、ヨークシャーテリア、コッカースパニエルなどの犬種に多いとされています。

また、中高齢の犬もかかりやすいと言われています。

膵炎を引き起こす原因は様々あると言われていて、

肥満や偏った食事、高脂血症、ホルモンの病気(クッシング症候群、甲状腺機能低下症、糖尿病)、

薬剤、ストレスなどが引き金となる可能性があります。

ー膵炎の初期症状とは?ー

膵炎には急性膵炎と慢性膵炎がありますが、

ワンちゃんで問題となるのはほとんどが急性膵炎です。

膵臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ炎症が軽度の場合は見逃されやすく、

気がつかない間に進行してしまうこともあります。

軽度、もしくはやや病気が進んでいる状態では、以下のような症状がみられます。早めに動物病院を受診するようにして下さい。

□ 食欲がない

□ 嘔吐をしている

□ よだれが多い

□ 腹痛がある

ワンちゃんたち