関節炎や心臓病などの病気によっては運動制限が必要なことがあります。

 

ワンちゃん猫ちゃんはなぜ自分が好き勝手に動き回れないのかを理解できません。

 

飼い主さんは狭い場所にじっとさせておくのはかわいそうと思われるかもしれません。

 

しかし、動くことで症状が悪化してしまう変形性関節症や椎間板ヘルニアなどの病気では、

 

しばらくの間、辛抱が必要です。段差を上り下りしたり、椅子に手をおいて立ち上がったりの

 

動作には特に注意しましょう。

 

トイレも抱っこして連れていき、支えながら排泄を終えた後、また抱っこして戻るなどの

 

介護が必要になる場合もあります。