このところ大雨の警報が続きましたが防災対策はなさってますか。

ペットの防災対策がうまくいくためには

まず飼い主様ご自身の防災対策をしっかり行ってください。

そのうえでペットの対策を考えましょう。

1.非常時のペット用持ち出し袋の準備

中身は・・

・2~3日分のフード(療法食の場合は多めに)

・水:人用のものと兼用で構いませんがミネラル分の多いものは

ペットには不向きです。

・常備薬

・普段から使用している首輪やリード:ふだん首輪をつかわないワンちゃん猫ちゃんも

避難所では必要になることがあります。

(フード、水、常備薬は定期的に新しくします。)

ペットの全身が写った写真を1枚:迷子になって

探さなければならない場合役に立ちます。

その他ペットシードなど飼い主様が必要と思われるもの

 

2.身元が分かるようにしておきましょう。

首輪や名札は普段からつけておきましょう。

ワンちゃんの場合、鑑札や狂犬病ワクチン済票などがよいでしょう。

(取れないようにご注意ください)

マイクロチップも効果的です。

 

3.各種予防をしっかり行っておきましょう。

避難所に集まってくる他のペットたちや人間へのマナーとして。

4.普段からしつけをしておきましょう。

避難所では動物の苦手な人や動物アレルギーの人などと一緒になることもあります。

また避難所に入れずほかの場所で保護される場合に

狭い場所に入れられる状況が続くことがあります。

キャリーやクレートにじっとおとなしく入っていられるよう

普段から訓練しておきましょう。

訓練することはペットのストレスを軽減することにもなります。

キャリーの中でご飯を食べさせるなど普段から慣れておくと

避難もスムーズにできるでしょう。

(病院に行く時だけキャリーに入れていると、やがてキャリーを持ち出しただけで

逃げるようになってしまいます)

首輪やリードに慣れておくことも必要と思います。