「2016年3月」の記事一覧

犬の乳腺腫瘍について

犬:猫の病気
犬

犬の乳腺腫瘍 癌(腫瘍)は犬の最も罹りやすい疾患であり、ある調査によると犬の病気の52%が癌にかかってしまうようです。 その中でも避妊手術をしていない雌犬で圧倒的に多いのが、今日のお話の”犬の乳腺腫瘍”です。 あわせて読・・・

犬フィラリア症の予防と検査

犬:猫の病気
犬

あわせて読みたい 猫のフィラリアについてと予防と治療方法は? 犬の食事性アレルギー 犬の脂漏性皮膚炎について ひろせ動物病院 減量用フードを使った挫折しない!無理なく痩せる!犬と猫の減量法 猫の甲状腺機能亢進症について

犬の肛門嚢炎について

犬:猫の病気

長崎市ひろせ動物病院の院長廣瀬です。今日は肛門嚢炎のお話です。この病気が多くのワンちゃんが あわせて読みたい 犬のフィラリア症について 猫のフィラリアについてと予防と治療方法は? 犬の食事性アレルギー 減量用フードを使っ・・・

犬の歯周病の治療と予防

犬:猫の病気
犬の歯石

長崎市ひろせ動物病院の院長廣瀬です。今日は犬の歯周病のお話です。多くのワンちゃんが歯周病ですので皆さん関心がありますよね。 あわせて読みたい 猫の慢性腎不全症について 犬の脂漏性皮膚炎について ひろせ動物病院 犬の膿皮症・・・

犬の膿皮症 ひろせ動物病院

犬:猫の病気
膿皮症

長崎市ひろせ動物病院の院長廣瀬です。今日は犬の膿皮症のお話です。 犬の膿皮症(皮膚の細菌感染) あわせて読みたい 犬の混合ワクチン 犬の僧帽弁閉鎖不全症について 犬の肛門嚢炎について 猫エイズウイルス感染症(FIV感染症・・・

犬の食事性アレルギー

犬:猫の病気

犬の食事性アレルギー 犬の食事性アレルギーの多くは1歳以下で発症し皮膚の激しい痒みのほか、消化器症状として下痢や嘔吐と引き起こします。前回書いたアトピー性皮膚炎との違いは重要でます似ていることは、激しい痒みですが異なるこ・・・

ページの先頭へ