犬に多い病気に糖尿病があります。

糖尿病とは、ホルモンの一種インスリンの働きが悪くなり

血液中の糖が多くなってしまう病気です。

 

犬の正常な血糖値は、空腹時で60~100(mg/100ml)ですが、

複数回検査をして、数値が150以上の場合は糖尿病が考えられます。

 

●糖尿病の症状としては

・多飲多尿

・大量にフードを食べる

・体重が減少する

・腹部(肝臓)が膨れる

・白内障

などがみられます。

 

●治療法として

・インスリンの投与

・糖尿病の療法食を食べる

・運動療法

など上げられます。

 

●糖尿病になる原因

  • 早食い・ドカ食いが習慣化している
  • 加齢による(6歳以上)
  • 老齢のメス犬が糖尿病にかかる率は、オス犬の4.5倍程度であると推計されている

など考えられます。

もしも症状がみられたら早期に治療を開始しましょう。

 

 
ひろせ動物病院が療法食や病気のご相談にお答えします 臨床経験35年の獣医師が飼い主さんのお悩みにお答えします