チワワは涙やけになりやすい犬種です。

しかし適切なケアをしてあげることで涙やけを改善・軽減することができます。

目の周りが茶色に焼ける涙やけ。通常よりも多く分泌された涙で、

目の下が涙でぬれた状態が続くと

細菌が繁殖して被毛が茶色になります。

涙の分泌量が増える原因はわかっていません。

流涙症は涙の通り道(鼻涙管)が詰まってしまうことが原因で、

涙が目からあふれ出た状態が続くことをいいます。

チワワなどの短頭種は鼻涙管が細く詰まりやすいため、

他の犬種に比べても流涙症になりやすいといえます。

フードが合わずにアレルギー反応が出たりすると

体内で消化不良を起こし、老廃物となります。

溜まった老廃物が鼻涙管を詰まらせる原因になります。

また、短頭種は眼球が突出しており、

ゴミなどが付着しやすいのが特徴です。

異物混入による「結膜炎」が原因で涙やけになっている場合も多いです。

涙やけが固まっている場合は、

十分にふやかしてあげてください。

清潔なコットンにペット用の化粧水や純水ミネラルウォーターを

たっぷりと含ませ、愛犬の目をそっと覆います。

コットンを優しく押すようにして、

涙やけの部分に液体を十分に染み込ませます。

涙やけが十分に柔らかくなったら、

涙やけをふき取ります。

この時、ゴシゴシこすったり、

力を入れすぎたりしないように注意してください。

最後に、乾いたコットンで水分をとってあげてください。

鼻涙管が詰まっている場合は、目元をマッサージしてあげると効果的です。

愛犬の目に指が入らないよう、親指は目と平行になるような形で行うことが望ましいです。

ただし愛犬が嫌がる場合は、無理に行う必要はありません。

涙やけを改善・予防するためには、根本的な問題の解決が最重要です。

フードが体に合っていないことで涙やけを起こしているケースが多くあるので、

まずはフードを変えてみることをおすすめします。

体質に合わないタンパク質は体内で老廃物になり、鼻涙管が詰まる原因になるのです。

目をかゆがっている場合や、白目が充血している場合は病気の疑いがあります。

涙やけと併せて異変が見られるときは、すぐに獣医師に相談してください。



●お知らせ●

「ペットロスを語る会」

ワンちゃん猫ちゃんが虹の橋を渡った後、

残された家族はとても大きな喪失感に見舞われます。

その悲しみからなかなか抜け出せないとき、

もし同じような悲しみを抱いておられる方々と

語り合えたら少し心が軽くなるかもしれません。

ひろせ動物病院に集ってワンちゃん猫ちゃんの

思い出を語り合いませんか。

参加費用:お茶代250円

日時は飼い主様のご都合に合わせます。

どうぞお電話ください。

電話:095-856-8122

担当:廣瀬 雅子

お目々のお手入れしてね♪