長崎のひろせ動物病院です。

愛嬌たっぷりの容姿と飼いやすさで人気のトイプードルですが、

膝蓋骨脱臼という病気になりやすいことをご存知でしょうか。

低いグレードでは見逃しがちですが、

治療をせずに悪化してしまうと最悪の場合歩行困難にもってしまう怖い病気です。

膝蓋骨脱臼は、後ろ足のひざ関節のお皿が脱臼した状態になってしまう病気です。

小型犬は先天性のものが多く、

生まれつき膝関節周りの骨や靭帯の形成異常などがあることが原因で発症します。

後天性の場合は打撲や高所からの落下などが原因とされていますが、

フローリングなどの滑りやすい床や硬い地面、

肥満などにより膝に負担のかかることなどが

原因となるケースも多いので注意が必要です。


膝蓋骨脱臼の症状は上記の表に示したとおり、4段階に分かれています。

グレード1 脱臼しても自然に正常に戻る
グレード2 ときどき、脱臼した足を浮かせて跛行する
グレード3 整復してもすぐに脱臼する
脱臼した片足をあげて跛行する事が多い
グレード4 常に脱臼している状態で、整復はできない
膝を曲げたまま歩くなどの歩行異常がみられる

グレード1ではほぼ気づかないこと、

グレード2でも愛犬自身や人間が手を貸すことで

簡単に整復できてしまうことから見逃されがちですが、

早期の治療が欠かせない病気です。

日常生活に支障がないからといって

放ったらかしにしておくことはおすすめできません。

グレード3になると脱臼していることが多く、

整復してもまたすぐに脱臼するようになります。

そのため、脱臼した片足をあげて跛行することが多くなります。

グレード4では常に脱臼している状態のため整復することもできません。

膝を曲げたまま歩くなどの歩行異常がみられるようになります。

歩き方が変、膝が腫れているなどの症状がみられたら

すぐに動物病院へ連れていき、診察をうけるようにしてください。

膝蓋骨脱臼は、進行が進み変形が重度になってしまうと手術が行なえません。

治療法は外科手術で、膝蓋骨を正常な位置に戻します。

脱臼に伴う変形性骨関節症がみれれる場合は鎮痛剤の投与を行います。

膝蓋骨脱臼の予防法としては、

フローリングにカーペットなどを敷いて

滑らない環境づくりをしてあげることが大切です。

そのほかにも、十分な栄養摂取と小まめな運動を心がけて

筋肉の下地作りをしてあげることも効果的です。

肥満は膝への負担が大きいので、

体重管理には特に気を配るようにしてください。

膝蓋骨脱臼は早期発見・治療が肝要な病気です。

愛犬のわずかな変化に気づけるのは飼い主さんだけなので、

日頃から愛犬をよく観察し、

少しでも「おかしい」「どこか調子が悪いのかな」「何かの病気かも」と

感じたらすぐに動物病院で相談するようにしてください。

飼い始める前から愛犬の犬種がかかりやすい病気を把握し、

日頃の予防だけでなく治療してくれる動物病院を見つけておくと、

いざというときに慌てずにすみます

うふふ♪




●お知らせ●

「ペットロスを語る会」

ワンちゃん猫ちゃんが虹の橋を渡った後、

残された家族はとても大きな喪失感に見舞われます。

その悲しみからなかなか抜け出せないとき、

もし同じような悲しみを抱いておられる方々と

語り合えたら少し心が軽くなるかもしれません。

ひろせ動物病院に集ってワンちゃん猫ちゃんの

思い出を語り合いませんか。

参加費用:お茶代250円

日時は飼い主様のご都合に合わせます。

どうぞお電話ください。

電話:095-856-8122

担当:廣瀬 雅子